BNY MELLON

BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン株式会社

Homeの中の 会社情報の中の 当社の議決権行使に係るルール

当社の議決権行使に係るルール

1. 目的

当社は、投資信託の受益者及び投資一任契約の顧客の利益のため、株式に係る議決権の適正かつ円滑な行使を図ることを目的とし、本ルールを制定しました。受益者及び顧客の利益とは、企業価値(株式価値)の増大、又はその価値の毀損防止を意味するものとします。

2. 議決権の指図行使

当社は、議決権の行使について、次の各号に定めるところにより、その指図を行うものとします。

  1. 議決権の行使の指図は、書面をもって行います。
  2. 株主総会招集通知書に記載された各議案について、賛成、反対、棄権のうちいずれかを選択のうえ、議決権の行使を行います。

3. 議決権行使の基準

議決権の行使にあたっては、次に掲げる視点に特に配慮のうえ行います。

  1. 効率的な意思決定をする上での取締役会の適正な規模。
  2. 取締役・監査役として適切な人材であること。
  3. 役員報酬の総合収益とのバランス
  4. 企業活動の適時かつ適切な情報開示。
  5. 財務内容及び事業内容の変更が将来の株主価値を増大させるものであること。
  6. 反社会的な行為(役職員の不正や違法取引)。

上記議決権行使のルールは、当社の社内規定を要約したものです。
外国株式等に係る議決権行使、あるいは外部に運用を再委託した場合等に係る議決権行使はその実情に応じて対応するものといたします。

平成28年の議決権行使状況(平成28年5月から6月末までに実施された株主総会にかかる議決権の行使状況)